• 製品概要
  • 主な機能
  • 仕様/動作環境
ご相談・お問い合わせ

主な機能

編集機能

SGML/XMLを簡単編集

タグや属性を編集する場合は、簡単にSGML/XMLを直接編集することができます。

<簡単な編集例>

  • 追加可能なタグのみが表示されたリストから選択するだけで、タグが追加できます。
  • 属性に指定可能な属性値のみが表示されたリストから選択するだけで、属性値を追加できます。
  • タグの追加は子や兄弟だけでなく、子孫要素までまとめて追加できます。
  • 対応するCSVファイルを用意することで、タグ名に任意の別名を付与することができます。

SGML/XMLと組版結果の連動

SGML/XMLのタグや属性を編集する画面「オーサービュー」と組版結果を表示する画面「フォーマットビュー」が連動しており、組版結果からXMLの該当箇所を簡単に探し出すことができます。逆にXMLから組版結果の該当箇所を表示することも可能です。

<SGML/XMLと組版結果の連動例>

ページ構成例

組版結果を表示する画面「フォーマットビュー」のテキストをダブルクリックすると、編集画面の該当箇所も連動してハイライトされます。

組版機能

ページ内の自由なレイアウト

ページ内にSGML/XMLを流し込む領域を設定し、レイアウトを構成するので、自由なレイアウトが可能です。

<レイアウト例>

  • 見開きページで異なるレイアウト(タイトル、要約、本文等)
  • 見出し番号やページ番号などの自動付加
  • 段組の設定
  • つめ見出し
  • 目次の自動生成
  • 印刷用にはトンボを付加

製本に適したページ構成

作成した各レイアウトの順序を組み合わせると、製本に適したページ構成が可能です。

<ページ構成例>

編や章ごとに、最初(タイトルと目次)、最後(参考文献と協賛)、内容部分に作成した各レイアウトを指定します。

ページ構成例

SGML/XMLの特徴を活かした文書処理

複数のスタイルシート(DSSSL)を用意しておくことで、1つのコンテンツから目的に応じて異なるレイアウトや、必要部分を抜粋した文書を作成することが可能です。

<複数の文書作成例:賃貸借契約規約>

ページ構成例

高度なページ制御処理機能

編や章の開始を必ず見開きの右側から始めたり、図や表がページに入りきらず次ページに回った場合は、空いたスペースに後続する文書を繰り上げる「ページ制御処理機能(フロート機能)」を実装しています。

組版結果を印刷(またはPDF)出力するには、一般のアプリケーションと同様に、パソコンのメニューからプリントを選択し、印刷(またはPDF)出力するだけです。

ご相談・お問い合わせ