HOME > 製品紹介 > プリントサーバ/プリンタエミュレータ
  • 製品概要
ご相談・お問い合わせ

プリントサーバ/プリンタエミュレータ

NEXTPrintserver(+プリンタエミュレータ)


エミュレータ シリーズ(PostScriptプリンタ用)

●LIPSprint
LIPSprintは、キャノンLASER SHOTの制御コマンド「LIPSII+」および「LIPSIII」を日本語PostScriptに変換する「コード変換プログラム」です。LIPSprintをインストールすることにより、今までLASER SHOTでしか印刷することが出来なかったデータを、通常のPostScriptプリンタで印刷することが可能になります。LIPSprintを使用することにより、LASER SHOT用のソフトやデータを作り直さずに、有効活用することができます。

●HPGLprint
HPGLprintは、ヒューレット・パッカード社のプロッター・コマンド「HP-GL/2」を日本語PostScriptに変換する「コード変換プログラム」です。HPGLprintをインストールすることにより、「HP-GL/2」のデータを、通常のPostScriptプリンタで印刷することが可能になります。HPGLprintを使用することにより、プロッター用のソフトやデータを作り直さずに、有効活用することができます。

●PCLprint
PCLprintは、HP LaserJetの制御コマンド「PCL」を日本語PostScriptに変換する「コード変換プログラム」です。PCLprintをインストールすることにより、今までLaserJetでしか印刷することが出来なかったデータを、通常のPostScriptプリンタで印刷することが可能になります。PCLprintを使用することにより、LaserJet用のソフトやデータを作り直さずに、有効活用することができます。

TIFFデータプリント用「フィルタ・プログラム」
●TIFFprint
TIFFprintは、TIFFデータをPostscriptプリンタで印刷するための「フィルタ・プログラム」です。印刷時の属性として用紙サイズ、画像サイズ、印刷位置、印刷方向などを指定することができます。TIFFデータイメージの圧縮はランレングス、LZW、CCITT(G4)、JPEGに対応しています。

日本語コード変換「フィルタ・プログラム」
●TEXTprint
TEXTprintはEUC、JIS、シフトJISの日本語テキストデータをPostscriptプリンタで印刷するための「フィルタ・プログラム」です。フォント、文字サイズ、行数、桁数、2段組、印刷位置、タブ位置などを指定できます。また、用紙サイズ、コピー枚数、印刷方向などを選択することができます。


主な特徴
●プリントサーバにインストールしますので、ネットワーク上の各マシンから自由に使用することができます。
●ネットワーク上に設置したプリントサーバで動作しますので、通常のプリンタに負担をかけずにそのまま利用できま
 す。

動作環境
・Oracle Solaris 10/11
・HP-UX 11i
・RedHat5/6/7
・Windows 7以降、Windows Server 2008 (R2)以降

 

 

ご相談・お問い合わせ